読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルはNord Electroの夢を見るか?

ジャニオタもすなるはてブロといふものを我もしてみむとて、すなり

自担が表紙の雑誌が今年2冊も出た

お久しぶりです。前回書いたの5月だったよ。時が経つの早すぎないすか。びっくりしてます。関ジャニ∞に歌って欲しいGLAYシリーズは今年中に全員分書くのを目標にして生きていきます。


あっ、リサイタル今年は行けます。というどうでもいい報告はさておいて。



雑誌の中身について、やんわりとしたネタバレがありますので、まだ手に入れられてない方はご注意ください。



タイトル通り、あんなにテレビに出てるのにとんと雑誌の表紙に縁のない(※グループでの表紙は除く)自担が単独で今年2回も!表紙を!飾りました!めでたい!嬉しい!わーいわーい!


1回目:ザ テレビジョンカラーズ Vivid

村上信五に恋する 鮮やかな日常」をテーマにした素敵なお写真たち満載で、何より自担単独で表紙を飾ってることが嬉しすぎて、いふおあのため東京に日帰り遠征してた折、東京駅の本屋で1冊購入。

帰りの新幹線で読んでしまい、いふおあとの相乗効果でひとり新幹線の中で静かに悶絶しました…。

ちなみにネットでも購入してたんですけど(あまぞん楽天セブンネット)東京駅で1冊、地元に帰ってからは書店で見かけるたびに購入していたので、結果10冊買ってしまうというね!もうね!ばかかと!ちなみに手元には3冊しか残ってません…。売り切れて買えなかったー!ってフォロワーさんに譲ったり、友達に布教用に送ったりしたからです…。

今更だし、散々叫び尽くされてると思うけど、村上信五に恋する 鮮やかな日常ってキャッチコピーが秀逸すぎやしませんか。ありがとうカラーズ!ありがとうビビッド!アンケートに答えた上に、改めてお礼状というかハガキ書いたのはじめてですよ!



2回目:TVガイドperson

まさか今年中に2回目があるとは!わっしょい!もちろんネットで予約してたんですけど(あまぞん楽天セブンネット)発売日に書店まわって2冊買っちゃったよね…。なんかネットは売り切れで、書店でも売り切れのところが多い中、わたしの生活圏内の本屋さんは結構頑張って在庫持ってくれてるのか、今のところ全部のお店でぱーそんさんには出会っております。わたしは15ページの写真がサイコーに好きです。皆さんはどれですか??


写真の好みとしては、わたしはビビッドさんのほうが好きなんだけど、インタビューはぱーそんのほうが好きだなー、と。わたしが村上くんを担当にした決め手である仕事への真摯な姿勢が見えて非常においしいです。




村上くんは、映画やドラマのお仕事がてんでご無沙汰なので、雑誌の表紙に単独で、って機会が本当になくて。あんなにテレビに出てるのに、バラエティで活躍してる人は表紙になっちゃいけないのかよと勝手にわたしが拗ねてたりもしたんですよね…。他担の人には自担が単独で表紙を飾ってるなんてもしかしたら当たり前のことかもしれないけど、改めてすごいことなんだなー…って…じわじわ…今もじわじわきてます…幸せが…




村上信五の流儀」のキャッチコピーに恥じぬ充実したインタビューでした。村上くんも、スポーツの話題だからかな?すごく素直に質問に対して答えてたな、と。彼は芸能人でわたしは一般人でという違いはあれど、社会人というフィールドでは同じで。「あ、この考え方いいな。明日から仕事で使えそう」と思いながら読んでる自分もいたり。ぱーそんさんにもお礼状を送ろうと思ってる次第です。また表紙に使ってください!お金ならあります!っていうのをどう上手くオブラートに包むか悩みながら寝ることとします!(これ書いてる時0:12)











ってありがとうで終わればいいのはわかってるんだけども。



今回のぱーそんで、1つだけ残念なことがあって。まぁその1つってのがぱーそん公式が村上くんと前号に当たる横山さんとのセット売りをあからさまに全面に出してたことです。単独だとうちの子じゃ十分な部数さばけないと思われたなら残念です。

村上くんのことが好き、というと必ずと言っていいほど「じゃあヨコヒナ好きでしょ」って言われるのが苦手で、わたしはひなりょかひなやすかひなヤンマーがいいんだけどなー…。次回があるのであれば、公式によるあからさまなふーふおしがなければわたしの心が安らかになりますよというおはなし。この2人が好きな人が悪いのではないのでそこは誤解しないでほしいなー…。おわり。